なぜベストを尽くさないのか?!

自称”超長距離ランナー”。でも今はトレイルランナーと言った方がいいかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今年最後の富士登山

 朝3時起床。急いで簡単な、でもそれなりに力が出そうな朝食を済ませて、ヤンキー君を迎えに行く。なんとか約束の4時に間に合った。7月頃だと、もう明るくなり始めてる時間だけど、まだ真っ暗。大分、日が短くなったな~、と秋を感じる。ヤンキー君を乗せて、富士御殿場口へ向う。途中、地図を忘れてきたことに気付いたけど、地図がなくても行けることにも気付いた^^;今年は(今年も?)バカみたいに行きましたからね~。
 登山口に着いて、登り始めたのが6時45分頃。ここまでは、だいたい予定通り。足首をテーピングで固めておいたのが効いたのか、ほとんど足首の痛みはない。登山口付近は完全に雲の中だったが、登ってる途中で、時折、青空が見えたので、山頂まで登れば晴れてそうな気配。そして期待通り、7号5勺の小屋付近では、完全に雲の上に出た。最近、故障で全然動いていなかったので、体力がかなり落ちていたのか、ここからバテてしまった。でも、ヤンキー君に引っ張ってもらって、登り始めてからちょうど3時間で山頂に到着。ヤンキー君は高地適性があることが判明。山頂の小屋は既に閉っていた。ちなみに、御殿場口の小屋は、赤岩8号を除いて全部閉鎖していた。
 ここから約1時間かけて、ゆっくりお鉢巡り。20回近く登って、お鉢巡りが実現したのは、今回が2回目。でも、どっちを向いても、全部雲でした^^;まあ、こういう風景もなかなか見られないので、良しとしましょう。富士吉田口は、やっぱりかなり人がいて、小屋も開いてるし、観光地らしい雰囲気。
 今回、下りが一番不安だったが、足首に負担がかからない歩き方を早々と見つけることができたので、下山も思ったよりもスムーズにいった。おかげで駐車場には、登り始めから5時間45分くらいで到着。何事もなく降りて来られてよかった。

スポンサーサイト
  1. 2007/09/01(土) 19:00:00|
  2. RUN|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。