なぜベストを尽くさないのか?!

自称”超長距離ランナー”。でも今はトレイルランナーと言った方がいいかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

富士登山駅伝

朝、4時前に起きる。やっぱり、ここに来たら、御来光を観ておかないと・・・。外に出ると、うっすらと東の空が明るいけど、まだ真上には星が見える。日の出の瞬間よりも、こういう時間帯の方が好き♪ 1時間ほど外に居たが、今年は例年より暖かくて楽でした。

日が出てから、もう一眠りして朝食。この辺りから、だんだん緊張感が増してくる・・・。
8時を過ぎてから、徐々に下界の結果が届くが、ロードが相当健闘している。
コールが終わってからアップ開始。今年は少し多めにアップしておいた。体力の温存はあまり考えない。とにかく最初から追い込める状態にしておく。

Bチームが先に来た。この可能性もあるな、と思っていたので、動揺はない。それ程経たずに准教授さん、到着。突然の変更だったけど、よく頑張ってくれました!! 正直、この時点でそれ程いい順位ではありませんでした。なので、プレッシャーは無し。なので、落ち着いて・・・、落ち着いて飛ばし気味に入りました^^; 結果から言うと失敗でした。でも、こういう状況だったから、一か八か、勝負しても良いですよね!

飛ばすと言っても、最初から歩き。歩きで飛ばします。中盤までは45分ペース。しかし、そこから伸びませんでした。でも、これも覚悟してたので、それ程気落ちはしなかった。34分半くらいで折り返し。取るべきコースはしっかり見えているんだけど、登りで脚を使ったので、思うように動かない。襷を渡してタイムを見て、ちょっとショック。自己ワーストの47分弱でした。

頑張ってここまで繋いでくれたチームメイトに、タイムで応える事が出来なかったのは申し訳ないと思う。でも、攻めた結果、ってことで許してもらいます^^;

僅か50分弱だったけど、やっぱり疲れていたようで、下山が結構しんどかった。追い込んだ後の頭痛も宴会まで残ってて、賑やかな声が頭に響いて辛かった(+_+)

まあ、いろいろあった駅伝だったけど、今の気分は終ってスッキリ、かな?(^^)


スポンサーサイト
  1. 2010/08/01(日) 20:59:05|
  2. レース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。