なぜベストを尽くさないのか?!

自称”超長距離ランナー”。でも今はトレイルランナーと言った方がいいかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

山小屋

富士山の山小屋の収容人数を決めた、というニュースがあった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000118-mai-soci
うーん、どうだろう?個人的には反対だな~。
山小屋というと、遅くなってヘトヘトになって辿り着く人なんかがいて、そういう時はどんなに混んでても、なんとか隙間を作って泊めてあげる、
そういう所だと思うし、そうであって欲しいな~と思う。
都会を離れて山に来たんだから、一日くらい、普段と違った不自由さとか不便さみたいなものを感じてもいいんじゃないかな~と思うが、どうだろう?

スポンサーサイト


  1. 2007/05/10(木) 21:27:19|
  2. いろいろ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

今後の予定 | ホーム | 合宿のメモ

コメント

私は10年ほど前に富士登山をしてこの寿司詰めを経験してますが、あまりの酷さに二度と行きたくないと思いました。自分はアウトドアには慣れてるつもりだし、普段の生活から離れ自然の不便さを楽しむという考えも持ってますが、それでもあの奴隷船以下のような環境には辟易しました。自分はともかく高齢者や女性にとってあの環境は耐え難いと思いますよ。
  1. 2007/05/10(木) 22:08:38 |
  2. URL |
  3. パートシュクレ #- |
  4. 編集

別に山というのは嫌なら登らなくても良いものなので、耐え難いなら行かなければいい、というのが私の考え方です^^;ただ、そういうものだという事が、事前にもっと知らせられているべきかもしれない、とは思います。
  1. 2007/05/11(金) 20:21:19 |
  2. URL |
  3. 夜明けのランナー #- |
  4. 編集

ん~~~いろんなコメントを読むと自分の意見は「これだ!」って感じではなくなっていますが・・・自信イマイチなしの意見です。
僕も四角四面に定員を決めてしまうのは反対ですね。
以前の職でお客さんを連れて富士登山に何度か行きました。もう10年以上前の話ですが・・・その時に自分の体力の無さを知らず参加した人がいてその人は宿泊予定の八合目の大子館まで登る体力なんて到底なく7合目までが精一杯でした。7合目で辿り着いたAPなしの小屋にその人を泊めてもらう様お願いしたところお盆休みで団体の予約でいっぱいだったのではじめは断られました。そのお客さんの体力等を考えれば下山なんて勿論出来ないしその小屋にお願いするしかなかったのです。
僕も「何とかお願いします、一人だけ・・・」って言ったらその小屋のご主人は笑って「泊めて欲しいと言っているのに断るなんて本当はイヤなんだ、狭いけどいい?」って泊めてくれました。
このように本当に困っている人や状況は富士山だけに多分にあるでしょう。その辺りを考えなくなるような定員制はやはりやめて欲しいと思います。どうでしょ?
山登りに弱い0184でした!
  1. 2007/05/11(金) 22:44:10 |
  2. URL |
  3. 0184 #- |
  4. 編集

う~ん、色々意見があって、やっぱり難しいですね~。まあ、一つ言えるのは、こうやって考えたり意見を聞いたりする機会があって良かった、ってことですかね^^;
  1. 2007/05/12(土) 06:49:38 |
  2. URL |
  3. 夜明けのランナー #- |
  4. 編集

たしかに登山は誰もが出来る趣味ではないから、快適なサービスを求めるのは無理がありますね。過酷な環境だと知らずに行く人は気の毒ですから、旅行会社がもっと説明すればいいのかもしれません。他の山なら「登山に不慣れな人はやめたほうがいい」で通じると思うんですが、富士山って日本一ということで熟年や女性をはじめとする登山初心者を惹きつける何か特別な意味があるように思います、登山者の数も半端じゃないし。私自身その当時は登山といえば富士山しか思い浮かばなかったものです。
  1. 2007/05/14(月) 14:16:22 |
  2. URL |
  3. パートシュクレ #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。