なぜベストを尽くさないのか?!

自称”超長距離ランナー”。でも今はトレイルランナーと言った方がいいかも・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リタイア

ハセツネ9回目にして、初めてリタイアしました。そんな一日を最初から。先に断っておきますが、やたらと長いです^^;

朝3時前に目が覚めて、その後あまり眠れず。興奮してるのか・・・?4時頃になって、もう寝られないと思って起き出した。6時半頃、家を出るときはまだ雨が降っていた。でも、9時過ぎに会場に着く頃には止んでいた。

今年は、中学校の体育館が工事で使えないらしく、五日市会館が選手の控え室になっていたが、狭い。雨が止んでなかったら大変だっただろうな。スタートは1時なので、まだ大分時間がある。受付け、帰ってきてからの食事の買出し、11頃に早めの昼食、知り合いと挨拶などで時間を潰す。

スタートは、10時間以内のグループに並ぶ。結構前の方だと思ってたけど、スタートまで25秒かかった。まあ、今日は急がないので、気にしなくていいでしょう。しかし、雨か曇りだと思ってたのに、晴れて暑い・・・。

スタート後も焦らず、無理に前には出ないようにした。お陰で、スタートから1時間半くらいは、何回か渋滞に捕まった。でもスローペースで入るにはちょうどいいかも。今熊神社が25分、入山峠で55分くらいだったと思う。

スタートから2時間くらい、早くも膝が少し痛み始めてきた。ここまで、できるだけソフトに下るのを心がけてきたつもりなのに。第一関門は3時間05分で通過。体感的には、かなり余裕があるんだが・・・。

ここから三頭山までの登りがレース前に考えていた一つ目のポイント。下りが期待できない以上、ここの登りで出来るだけタイムを縮めるつもり。無理しないようにしながらも、かなりいいペースでどんどん抜いていった。

西原峠に着く前にライトが必要になってしまった。ベストなら明るいうちに三頭山の下りまで行けるのに。この辺りで雨も降り出して、滑りやすくなってきた。木の根で滑って思わず木を掴み、骨折した場所にズキッと痛みが走った。最初にリタイアの決心をしたのはこの時。膝の痛みで踏ん張りも効かなくなってきている。しかもこの先、三頭山に登ると下りが待っている。膝が悪い状態でこの下りは危険。と、思いつつも、西原峠でのリタイアはあまりにも早すぎるので、そのままスルー。

三頭山の登り。得意の登りのはずなのに、脚に思うように力が入らない。膝から力が抜けていくような感じ。本格的にマズイ状況。ここの登りは、途中で一部下る所がある。この手前で立ちつくしてしまった。ここでコブンBさんやtomoさんに追いつかれた。「多分、もう止める」と言って、一旦は止める決心をした。しかし、ここまで登ってきた以上、下らないといけないので、何とか鞘口峠までは頑張る。

ここでリタイア・・・、しようかどうしようか考え、しばらく雨宿りしながら休憩。まだ時間もたっぷりあるし、歩き続ければゴールはできる。先ほどの決心が揺らぎ、レース続行。こんな状態で続けることに意味があるのか?と思ったが・・・、愚問。答えは一瞬で出た。挑戦する事に、意味がないわけがない。

下りで時々後悔しながらも第2関門に到着。ここで止めようかどうしようか迷いつつも給水1.5リットルを貰う。しばらくシートに座って脚を休めて、マッサージなんかをしながら、どうしようか考える。というか、考えつつも、体は続ける準備をしている^^; とりあえず次の大ダワまで、御前山の後の下りはあるけど、危険ではない。行こう。ここで知り合いに会って、一言。「あきらめ悪いんで・・・^^;」

ということで、再出発。この後、すぐ後悔することになるが・・・。その後も迷いに迷い続けながら、御前山に到着。ここで休んでいる時に、スタッフのお兄さんから、空を見るように言われた。空がスッキリ晴れていて、星が綺麗。きっと日の出山からの夜景は綺麗なんだろうな、と思った。ただ、そこまで行くには、大岳山を越えなければならない。きっと大岳山までは行けるだろう。しかし、その後の下りが危険すぎる。突然脚の力が抜ける事があるので、危険な場所ではフォローが間に合わない。

ここのスタッフのお兄さん、結構いい人で休みながらしばらく話してました。そして「リタイアも勇気ですよ」と言われ、何度目かのリタイアの決心をする。ここから3.2キロを1時間ほど掛けて歩き、最後、大ダワ直前で、全ての大会スタッフと、応援してくれた全ての人達と、エントリー漏れした全ての選手達に、申し訳ない、と心の中で一言謝って大ダワに到着。

決心が揺らがないように、到着後、直ぐにリタイア申請。涙のリタイア・・・、となるかと思ったけど、意外にも何ともなかった。一応、やれるだけのことはやった、ということか。三頭山の登りで、「多分、止める」と言ってから、本当に止める決心をするまでに約18キロ、約3時間半かかった。

レース前に腕に「最善手は常にある」と書きました。どんな状況でも、次の一手に最善手は必ずある。レース中、苦しいこともあるだろう、心が折れることもあるだろう。でも、どんなに悪い状況でも、一旦心が折れたとしても、その次の行動で最善を尽くすことはできる。と、思って書きました。

レース後、果たして、自分は常に最善手を選んできたか?と考えました。でも、今はこう思います。最善手を選んできたかもしれないし、そうでないかもしれない。でも、そんな事よりも、これからまた最善手と思われることを積み重ねていけばいいんだ、と・・・。
スポンサーサイト


  1. 2010/10/11(月) 18:05:58|
  2. レース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

プロ野球終了 | ホーム | いよいよ明日!!

コメント

お疲れさまでした。コンディションが悪い中でも二大会続けて長いのにでちゃうんですからね(笑)
痛みのある箇所が早く治るといいですね!同じく、最善手を模索します!
  1. 2010/10/11(月) 18:41:12 |
  2. URL |
  3. 准教授 #- |
  4. 編集

状況が揃わないと流石ににキツかったですね。

窮地にも怯まず向かってやったことが収穫でしょうか?

『最善手の追求』…深いですね。

まさに『最善手の追求』でしたね。

お疲れさまでした。
  1. 2010/10/11(月) 19:44:30 |
  2. URL |
  3. 0184 #- |
  4. 編集

 やはり生身ですから
痛みには勝てません
ハセツネ・コースは夜間の下りがネックですネ
それで雨上がりで滑りやすいとなると
膝が痛んではバランス欠いて危険です

私は下りが苦手と言うか弱いので
こういうレースでガンガン下ると言うのは想像つきません

実力者なのですから、膝のリハビリをして
地道なトレーニングから.....また次があります
 
これは、最善手を打たれたのではないのでしようか
  1. 2010/10/11(月) 19:52:46 |
  2. URL |
  3. 塔ノ岳 #- |
  4. 編集

お疲れ様でした。
こういう辛い結果なのに、レポートのアップが早いのがすごいところです。
今回の結果を、今後の人生にいかそうとする前向きな姿勢があらわれて
いますね。尊敬します。しばらくはゆっくり静養してください。
来年あるいは再来年に素晴らしい結果が出ると思います。がんばりましょう!
  1. 2010/10/11(月) 20:11:53 |
  2. URL |
  3. にんにく #zEnTIICA |
  4. 編集

准教授さんへ
体には大分無理をさせてしまったので、しばらく放牧させてやります。ちなみに、次のレース予定は、来年の野辺山>モンブランの予定。どっちも長い・・・(笑)

0184さんへ
怯まず向かった、というとカッコ良さそうですが、諦めが悪くてリタイアの決心がつかなかった、とも言えます(笑)
大分無理したんで、一旦休養期間に入ります。

塔ノ岳さんへ
信越よりもハセツネのコースの方が、急なアップダウンが多いので、ごまかしが効きませんでした。次は野辺山の予定なので、しっかり休んで、じっくり鍛えなおします。
ガンガン下るのは、大倉尾根がいい練習になってます。

にんにく主将さんへ
ゆっくり静養します。来年は、余裕のあるレースプランにする予定なので、じっくり鍛えられます。期待してて下さい(笑)
レポートのアップが早いのは、早々と帰って来て時間があったからかも・・・(笑)
  1. 2010/10/12(火) 06:28:57 |
  2. URL |
  3. 夜明けのランナー #- |
  4. 編集

ハセツネお疲れ様でした!

秋のトレランレース、信越とハセツネと苦しいレースが続きましたね。自分はsmallislandさんにまだまだ力は及びませんが、自分も過去に辛い展開のレースをした経験があります。辛くてもいいレースが出来れば救われるのですが、辛い展開でレースもあまりうまくいかないと本当に辛いですよね。でも、そんな経験をしたせいか、今ではよっぽどの辛いことがない限りへこたれなくなりました。今回の経験はsmallislandさんにとって次に繋がる良い経験になっていると良いですね。最後に「これからまた最善手と思われることを積み重ねていけばいいんだ」正直しびれました。自分も目標意識を高くこれからも頑張りたいと思いました!また、お会いすることを楽しみにしておりますっ!!
  1. 2010/10/12(火) 13:37:39 |
  2. URL |
  3. tomo2010 #mQop/nM. |
  4. 編集

tomo2010さんへ

確かに苦しい展開が多かったのです。でも、骨折してからこの9週間、いろいろあって、良い経験にはなりました。
信越では、とりあえずモンブランの資格は取れてるし、まずまずの結果は出せたと思っています。というか、骨折してこれ以上の結果は、贅沢かもしれません^^;
しばらくレースの予定は無いので、足が治ったらファンランしようと思ってます。機会があったら、みんなで一緒に山に行きましょう!!
  1. 2010/10/13(水) 08:49:23 |
  2. URL |
  3. 夜明けのランナー #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://runner1977.blog22.fc2.com/tb.php/842-8c445b63

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。